2006年08月21日

セルフクリーニングタイル

Q.
セルフクリーニングができる光触媒タイルは使用できますか?

A.
ミサワホームには『ナノ親水タイル』というのがございます。光触媒タイルは『光』が当らない北側や夜間は効果を発揮できませんが、『ナノ親水』は雨が流れることで汚れが落ちますので、いつでも安定した効果が期待できます。
posted by koyama at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペアガラス

Q.
ミサワの窓は二重サッシですか?それともペアガラスですか?
ペアガラスとは具体的にどんなものなのでしょうか?

A.
ミサワではLow-eペアガラスを採用しております。
ひとつのサッシに複数枚のガラスを、間をあけて取り付けたものです。窓の断熱性を高めるために使われます。内部にガスを封入するなどして性能をあげています。最近では、外側のガラスの内面に特殊な金属膜をコーティングして、明るさを損なわずに、夏の暑さを跳ね返す『高遮熱複層ガラス』や、逆に室内側のガラスの内面にコーティングを施して、冬場の結露や窓まわりの冷気を解消する『高断熱複層ガラス』も開発されています。
posted by koyama at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロ・エネルギー住宅

Q.ゼロ・エネルギー住宅って最近よく聞くのですが、どんな住宅のことですか?

A.住宅で使用するエネルギーをすべて自給する住宅です。住宅の断熱性、機密性を高め、効率のよい空調などの設備機器を採用したうえで、さらに太陽光発電システムなどの新エネルギーを活用します。その考え方や性能・計算方法などは、(財)建築・環境省エネルギー機構によって評定されます。ちなみに第一号はミサワホームの『ハイブリッドZ』。全国各地のデータをもとに算出したエネルギー自給率は100%異常になることが認められました。
posted by koyama at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大工さん

Q.
大工さんは選べますか?

A.
当社専属の大工さんは、皆ベテランが揃っております。安心してお任せください。
posted by koyama at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断熱性能

Q.
寒い地域での建築を考えております。ミサワホームの住宅の断熱性は一般の住宅メーカーの断熱性と比べて何か違いがありますか?

A.
極寒の地、南極の昭和基地の移住棟の90%以上はミサワホームが採用されております。ミサワホームの建物は、木質パネル接着工法・モノコック構造であり、気密断熱性は南極で証明されています。
posted by koyama at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

24時間セントラル熱交換換気システム

Q.
24時間セントラル熱交換換気システムについて教えてください。

A.
家全体の換気を機械によって強制的・計画的に行う高断熱高気密住宅には必要不可欠なシステムです。熱交換器を用い、排出する空気の熱を新鮮な外気に移し替えることで、換気に伴う冷暖房のエネルギーロスが少なくなるようにしてあります。
posted by koyama at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

基礎工事

Q.
一戸建てを所有する知人から話を聞くと、基礎工事がとても大事だと聞きましたが・・・ミサワホームではどのような基礎工事を採用していますか?

A.
基礎の重要性は言うまでもありません。基礎工事現場を見学され出来具合を直接ご覧いただくことをお薦めいたします。
ミサワホームでは基本的には布基礎を採用しています。
布基礎は上部からの力で不同沈下しないように、鉄筋で補強した帯状の連続した構造。ちなみにベタ基礎は縁の下をもたない床をつくる場合や軟弱な地盤の上につくる基礎構造です。地域やお客様のご依頼によってはベタ基礎を採用するケースもあります。
posted by koyama at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。